FC2ブログ

芳醇香味そば(塩):麺屋一燈川崎ラゾーナ店

Open以来繁盛店として快進撃を続ける新小岩の一燈。23日には三周年記念の限定150杯を用意したが、朝五時から配布の整理券が30分で捌けたと言う化け物じみた人気をほこっている。その一燈の支店がいきなりフードコートに出来ると聞いてかなり驚いたが、開店がちょうど昨年の入院とバッティングしたので気になりつつ23日の20時頃、やっとこ訪問できた。

R0043456

ラゾーナ内巨大フードコートでは、本店と同じ「芳醇香味そば」と濃厚魚介豚骨を提供。こちらで一番デフォと思われる「芳醇香味そば(塩)(750円)」を注文。無線の呼び出しブザーをもらってしばし待つ。日曜の(夕食としては)比較的遅めの時間帯なので行列もほとんど無くすぐにラーメンが出てきた。

ittou_lazonakawasaki_houjunkoumisoba_sio_01_130623 ittou_lazonakawasaki_houjunkoumisoba_sio_02_130623 芳醇香味そば塩(750円)

フードコートと言うと、正直に言うと一昔前は高速道路のPA/SAと並ぶ「テキトーなラーメンを出す代名詞」みたいな印象があったが、昨今はそれじゃ人が呼べなくなっているのは周知の通り。こちらラゾーナのフードコートも、ラーメン店を含めて各ジャンルの有名店を看板そのままで誘致している。

ラーメンは、その甲斐もあってか基本的な印象は本店とほとんど変わらない。それほど通えている訳ではないので細かい差異までは判らないが、鶏をメインとしたダシの風味や、甘味を伴う塩味のキレ、そして歯切れのよい麺の味わいと食感、低温調理で風味も良い鶏と豚のチャーシューなど、「一燈」を象徴するアイテムはすべてキチンと揃っている。美味しい。

ちなみにこちらには、先日本店にお邪魔したときにご挨拶した店員さんがいらした。どうやら、バイトで揃えるのではなくちゃんと「支店」として店員を送り込み、きっちりコントロールをしている模様。フードコートとは言え「独立した店」として機能しているようで、呼び込みや声がけ、食器を下げに来たお客を店舗スペースから出て食器を受け取りに行くなど、「一軒のラーメン店」として運営されていると思った。

受け取ってから食べるまでのタイムラグとか、お冷やや調味料の提供方法など、フードコートなりの限界はどうしても存在するが、このレベルと意識をもし各店が持っているなら「玉」「一燈」「ばりこて」と四店舗が入ったここは、ちょっとした集合施設並に楽しめそう。そんな気がした。

【データなど】
JR川崎駅/神奈川県川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション内/044-874-8032/10:00~22:00(L.O.21:30)/定休無し(ラゾーナ川崎に準ずる)


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

Tag : 2012新店

プロフィール

siukitajima

Author:siukitajima
「超らーめんナビ」で達人を務めさせていただいていた北島です。2013年6月以降、こちらのblogで「速報」を中心としたラーメン情報をメインに掲載していきます。

私の紹介動画です(音声が出るので注意)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
blogカウンター