スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば:中華そばしながわ【6月25日Open予定】

明日Open予定の新店情報なので先行で。

要町の「バッソドリ⑨」だった物件が装いも新たに「中華そばしながわ」として明日25日に新規Openする。それに先駆け、試食をさせていただく機会を得たので先ほど食べてきた。

R0043468

場所は当然ながら「ドリ⑨」の場所。すでに看板はかけかわっていた。店内で準備をしていた品川店主にご挨拶してしばし雑談。御存知の方も多いが、こちらはもともと池袋に本店を持つ「まるきゅう」の支店で、品川店主の「バッソドリルマン」がプロデュースしていたが、今回からは営業も「バッソ」となり、2号店……と言うかセカンドブランドとして新規Openとなる。

提供品はまずは「中華そば(750円)」から。後々はつけ麺なども考えているようだが、明日はこの品で行く予定。ただし、まだ多少調整の余地があるとかで、今回の試食品とは少し異なるかも知れないのはご承知おきください。

sinagawa_tyukasoba_01_130624 sinagawa_tyukasoba_02_130624
中華そば(750円)

スープは鶏主体の清湯ながら濃密な物。「支那そばや」あたりを元祖に「69‘n’Roll ONE」などで爆発的に広がった「ネオクラシカル」とも表現されるタイプ。「秋田の、国宝のような古い蔵で作られる醤油や、佐野さん(支那そばや)に紹介してもらったたまり醤油」などの香気や味わいはシャープに残しつつも比内地鶏、地養鶏、山水地鶏などのダシが分厚い土台となってぐいぐいと迫ってくる。魚介も使っているそうだが、風味としてはほとんど目立たず、旨味部分でスープを支えているようだ。

麺は内麦を使った自家製麺。やや平打ちで、このタイプのラーメンとしては少し太め。なので、麺の歯ごたえや味わい、存在感は充分ながら、スープの味わいが厚いので牽引力にも不足はない。良い麺と良いスープを、良いバランスで組み合わせて来たなあ。個人的に非常に好きなタイプであるせいもあるが、実においしい。

具材ではネギに目が行った。色合い、味わい、食感から九条ネギかなと思ったが、産地は京都ではなく、何と品川店主のお父さんが自家栽培しているとの事。元々は九条ネギと同じ品種を、無農薬栽培しているとか。いやそれってなまじの九条よりうまいって事じゃないっすか(^_^;)。適度な歯ごたえと、鋭くも柔らかい風味がスープの濃密な後味を適宜カットして舌をリフレッシュさせてくれる。

前述のように、支那そばやや69'N'ROLL ONE系統のラーメンが好きならダッシュでゲットすべき一杯。当面は日中のみの営業で、その後タイミングを見て夜の部ではつけ麺も始めたいとの事。当然「バッソ」のような濃厚タイプかなと思って訊くと「いやいや」と含みのありそうな笑顔の品川店主。こちらを実験厨房的に活用して様々な提案を考えているようだし、今後も要注目のお店と言えそうだ。

【データなど】
東京メトロ要町駅/東京都豊島区西池袋4-19-14/11:30~15:30/定休なし


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

Tag : 2013新店

プロフィール

siukitajima

Author:siukitajima
「超らーめんナビ」で達人を務めさせていただいていた北島です。2013年6月以降、こちらのblogで「速報」を中心としたラーメン情報をメインに掲載していきます。

私の紹介動画です(音声が出るので注意)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
blogカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。