スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断のらぁ麺へのリスペクト:69'N'ROLL ONE

私事で恐縮だが、私は今年で50歳。進学で上京後、渋谷で「桂花」にハマってラーメンの食べ歩きを始めてちょうど30年。その30周年の記念ラーメンを69'N'ROLL ONEで作って貰える事になった。21日にイベントとして実施していただいたのでその顛末を。

話の一番おおもとは、2001年6月10日に遡る。このブログでも何度か触れている、私の師匠にあたる故・武内伸さんの生涯通算五千杯目の記念ラーメンを、「支那そばや」の佐野店主がその日に作り上げた。この時は、武内さん以外はラ博スタッフとごく少数のゲスト客がご相伴にあずかったが、そのラーメンは本当に凄かった。一人のラーメン職人が武内さんにどれだけの信頼や友情を寄せているのかが本当によく判るオーラが吹き上がるラーメン。私はこのラーメンを食べ、「ああ、今後自分は揺るがない自信をもって、ラーメンの可能性とすばらしさを人に伝えて行く事が出来る」と思った。そして、ラーメンでこんな絆をむすんでいる佐野さんと武内さんをうらやましくも思ったし、改めてリスペクトもしていた。

その後、そのラーメンは「禁断のラーメン」と名付けられ、一杯三千円と言う価格でもってその価値を世に問われる事になる。この「禁断のラーメン」のすばらしさは当時大崎さんが書いた記事に詳しいが、個人的にはラーメンの味に加え、佐野さんと武内さんそのものの思い出として心に刻まれている。

五年前に武内さんが亡くなった後、69'N'ROLL ONEの嶋崎店主とは、武内さんの思い出話をよくしていたが、その際にこの五千杯記念ラーメンの話もよくしていた。そんな中で「北島さんの何か節目のラーメンを俺が作るよ」と言う話になっていたが、実は私は「自分が何杯食べたか」にはあまり興味がなく、正確な杯数は覚えても記録してもいない(^_^;)。なので、ちょうど食べ歩き30年になる2013年に何かお願いしようかなとなっていた。

もともとの予定では、実は69の移転前、町田店の営業最終日にイベントをしようとしていたが、後述の理由で先送りとなり、21日に赤坂本店の初イベントとして実施していただいた。

DSC00370

イベント自体は日曜日、一般営業と並行して実施。素材確保の関係で限定数は90杯前後。どのような形で提供するか迷ったが、とりあえず私の知り合いにFBやTwitterなどで募集をかけたところ三時間ほどで全枠が埋まってしまい、結果的に完全招待制となってしまった。

DSC00354

当日駆けつけてくれた「G麺7」「啜磨専科」の後藤店主と「魚雷」等の塚田店主。他にも何人もの店主がいらしてくれたが、このお二人はラーメン作りにも協力して下さった。

DSC00358

普段はクローズドの厨房を、イベント時はオープンにして営業。町田時代と雰囲気は変わりつつも、緊張感のある心地よい空気は根本的には共通していると思った。

DSC00365 DSC00372 DSC00390

10年以上の付き合いもある友人達も何人も。嬉しかったなあ。

さて、いよいよラーメンの提供を開始。スタート時にはかなり混雑していたので、まずは一回りお客様をさばいてから私にもラーメンを作ってもらった。品名は「禁断のらぁ麺へのリスペクト(1500円)」。嶋崎店主が佐野店主に、そして私が武内さんに対するリスペクトを込めてこの名前を使わせてもらったのだ。

69_kindannnoramenhenorispect_01_130721

最初に出て来たのが「前菜」。小麦粉「きたほなみ」をメインに作った超幅広麺でご飯を巻いて食べるスタイル。今回は、麺には別の小麦粉を使っているので、そちらとの差異を感じて欲しいと敢えて小麦粉を変えてみたそう。

69_kindannnoramenhenorispect_02_130721 69_kindannnoramenhenorispect_03_130721禁断のらぁ麺へのリスペクト

相模原に出た最初の69の店舗、いやそれこそその前のキリン食堂時代から嶋崎店主の限定は数多く食べてきたが、私がこれまでもっとも印象に残ったのは2007年3月に出された「カドヤ食堂からの贈り物」だ。地鶏の群れのボスにあたる鶏は通常の鶏よりも生命力が強く、また飼育期間も長期間になるので肉は硬く食用には向かないが、そのダシは本当に素晴らしい。そのボス鶏を使った塩が「カドヤ食堂からの贈り物」」だったが、今回は私の好きな醤油に仕上げてもらった。

何でも、その醤油化が今回一番の難問だったらしい。貴重な食材だけに試作の機会も限られていて、バランス取りに苦労したとか。

そのぱっと見は、一見「塩?」と思う淡さ。最近は清湯でも濃厚にエキスが溶け込み、ダシ自体が琥珀色になっているケースもあるが、そのくらいこのラーメンの色合いは淡い。その淡さに、醤油加減の微妙さが伺え、立ち上ってくる香りと共に「ああこりゃあ絶対美味い」と食べる前から半ば確信した。

スープを飲んだ感想は、もちろん「美味しい」「凄い」「素晴らしい」などもあるが、一番強かった思いは「好きな味」だ。嶋崎店主とはいろいろとラーメンを挟んでしょっちゅう会話をしているが、それにしたって他人の舌、他人の好みを、一度の味見もさせずにここまでピンポイントに突いてくるのか。「ラーメン評論家」としての分析やら何よりやらよりも「好き」「嬉しい」の感情がわき上がってくる。

スープのエキスは決して強すぎない。昨今は清湯でも相当力強いダシも増えているが、それらに比べればむしろ控えめな抽出だと思う。が、その抽出されたエキス自体のパワーが半端ない。言ってみれば、並の昆布をぐらぐら煮出して強引に「濃厚」にした味と、ハイグレードかつ大量の昆布をさっと焚いた時のすっきりとキレがありながらも深い印象を残す味との違いのような物だろうか。スープの土台である「水」の存在感を充分に残しながらも、ボス鶏ならではのきらめくような大粒の旨味成分・鶏の生命力がぐいぐいぐいぐいと迫ってくる。

ボス鶏の力強い味だと、ついそのパワーを強調する方に持って行きそうだけど、それをこの濃度に抑える事でかえってその存在感を際立たせている。これまで私は、嶋崎店主については「2号らーめんのような正当派豪速球」と「コカクーラーのような大変化球」の両方を投げられる投手だと思っていたが、今回のラーメンでは更に「精密機械と言われた北別府のようなコントロール」も持っているのを改めて知ったような気がする。

スープだけで呆然としている訳にもいかないので麺をすすると、これがまた「好き」(^_^;)。今回の麺は「G麺7」「啜磨専科」の後藤店主が提供してくれた。この限定の話を聞いた時に「是非自分に麺を担当させて下さい」と名乗りでてくれた後藤店主が選んだ小麦粉はハルユタカ。一昔前は、ラーメン用の国産小麦粉として一世を風靡したのはラヲタならみんな知っているが、最近は品種の世代交代もあって第一線ではほとんど聞かなくなっている。

その流通量も少ないハルユタカをわざわざ探して来たのは「北島さん、支那そばやさんの麺が大好きじゃないですか。支那そばやさんの麺と言えばやっぱりハルユタカでしょう?」。はいその通りです【爆】。麺は当然細めのしなやかな物で、スープとの絡み、一体感も極上。当然ながら麺自体の甘味、風味もしっかりと感じられる。そしてその麺を、嶋崎店主が一杯一杯絶妙の柔らかさで茹で上げ、全体をしっかり糊化させて小麦粉の良さを全部引っ張り出している。後藤店主の意図を、全部受け取っているんだろうなあ。

チャーシューは沖縄アグー豚の貴重な純血種。今回は、「気むずかしや」「魚雷」などの塚田店主が調理を担当してくれた。塚田さんともまた会って話す機会は多いが、各店主の中でも私の健康を一番気遣ってくれるのが彼だ。その彼らしく、脂はほとんど感じず、赤身はしっとり柔らかく、それでいて豚の旨味は充分に残し、一枚でもばっちり満足出来る仕上がり。ほんとにうまい。

そして何よりも丼だ。既に何カ所かのblogなどにこのラーメンの写真は上がっているが、私の丼だけ他の人と微妙に異なる。これは、先述の「禁断のらぁ麺」で佐野店主が使った丼を、塚田店主が頼み込んで貸してもらったとの事。佐野店主と武内さんの絆を象徴するかのような丼を使うと言う塚田店主の気遣いと、その宝物を貸してくれた佐野店主の優しさには、本当に涙が出そうになった。「自分は周りに支えてもらっているんだなあ」と心底実感できた。

当然の事ながら完食完飲。ただ、「もう一杯食べたい」とはあまり思わなかった。三人の店主が丼に込めてくれた渾身の思いは、一杯で充分に伝わってきたから。

 69_kindannnoramenhenorispect_04_130721

当日は、ラーメンを注文したお客には無料でかき氷がサービスされていたので私もそれを。和三盆のあっさりした蜜と氷の冷たさが、熱くてしょっぱいラーメンの後には実によく合う。これで舌と気持ちをクールダウン【笑】。

本当に、心に残るラーメン、そして一日になった。開催中の11時から17時までお店にいさせてもらったが、来て下さった皆さんからのお祝い、励ましがまた何よりも心に染みる。ラーメンも楽しんで貰えたなら嬉しい。

さっきも書いたが、私は「武内さんの五千杯記念ラーメン」を食べて「揺るがない自信をもってラーメンのすばらしさを語れる」と思ったが、今回食べていただいた方に、もし同じ感想を持ってくれた方がいたならと思うし、このラーメンが長く思い出に残ってくれればそれも素晴らしいと思う。作ってくれた嶋崎・後藤・塚田各店主、当日対応して下さったスタッフ、食べに来てくださった皆様すべてに感謝した一日。本当にありがとうございました。

【データなど】
地下鉄赤坂見附駅、赤坂駅、溜池山王駅/東京都港区赤坂3-7-11/03-3583-5569/11:00~23:00(売り切れ仕舞いあり)/定休日未定(当面無休)


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

Tag : 2013新店 2013限定

山水地鶏ワンタン醤油らぁ麺:支那そばや戸塚本店

14日、武内さんを偲んで「春木屋本店」に行った後にクルマを飛ばして戸塚まで移動し、14時過ぎに戸塚に到着。「春木屋」は武内さんがラーメンにハマったお店であり、「支那そばや」は公私ともにもっとも信頼しあっていた佐野さんのお店。この2軒を食べる事が、毎年の恒例になっているのは先日も書いた通りだ。

到着時には店外に数名の待ちも。日曜日とは言えお昼時を外しているのに繁盛してるな。注文したのは私は初めてみた「山水地鶏ワンタン醤油らぁ麺(950円)」で。

sinasobaya_honten_sansuijidoriwantanmen_syouyu_ajitama_01_130714 sinasobaya_sansuijidoriwantanmen_syouyu_ajitama_02_130714 山水地鶏ワンタン醤油らぁ麺(950円)

基本的には品名通り、通常の醤油らぁ麺に山水地鶏を使ったワンタンを加えた物。なので当然のようにいつもの支那そばやの味わい。様々な味わいがあり、複雑ながら丸くまとめられたスープの存在感は相変わらず健在だし、なめらかな細麺もやはり好み。ワンタンはちゅるるんと柔らかいのに破れにくい皮に、スープの邪魔をせず、それでいて濃密な旨味のアンがたっぷり入り満足感もひとしお。

いやあ美味かった。今にして思うと、武内さんは結局この戸塚本店では食べられず、最後に食べたのはラ博店だった筈。ラ博店と本店の味も微妙に違うので、その食べ比べもしてみたかったろうな。悔しかったら化けて出てみろと思いつつ、心の中で一礼して帰路についた。

【データなど】
各線戸塚駅/神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081-1/045-827-3739/11:00~19:00(売り切れ仕舞あり)/不定休


大きな地図で見る

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

中華そば:春木屋荻窪本店

先日の日記にも書いたように、7月13日は武内さんの命日。私は毎年この日に2軒のお店を回る。一軒は、武内さんが高校生の頃に食べ、ラーメン食べ歩きのキッカケとなった「春木屋」。そしてもう一軒は、武内さんが公私ともに盟友として信頼関係を築いていた佐野実氏の「支那そばや」だ。

ただ、今年は13日に別件が入り全く時間が取れなかったので、翌14日に行って来た。「春木屋」への到着は11:30頃。ランチ前なのでお客は半分くらいの入り。

暑い日でもあったが、冷やし中華やつけ麺などよりやはり中華そばの注文が多いあたりはさすがだな。私もノーマルの「中華そば(800円)を。

harukiya_honten_ramen_01_130714 harukiya_honten_ramen_02_130714 中華そば(800円)

今さら言うまでもない、東京ラーメンブームを支え続けた醤油ラーメンの雄。幾つかの出身店はあるが、この味を目指しているお店はほぼ無く、また支店やのれん分けも極力抑えた方針はラヲタならご存じの通り。未だにオンリーワンと言って良い存在感を放っている。

独特の甘味と煮干の風味に、ざっくりした太めの縮れ麺。私はあまり卓上調味料は使わないが、ここの中華そばは途中から少し胡椒を加え、麺を食べきってから軽く酢をかけ回して飲み干す事にしている。

このお店が東京のラーメンシーンに与えた影響や、武内さんが「春木屋理論」と名付けた方針などには今回改めては触れないが、私が食べ終わり、軽く用事を済ませて再度店頭を通りかかった正午過ぎには店頭に行列が出来ていた。老舗であり、一時期の大ブームにも足下を見失わず、着実に営業してきたお店ならではの風格と、それを示すような行列。ラーメンの食べ手にも、そしておそらくは作り手にも勉強させてもらうところが未だに多くあるように思う。歴史が長いだけではないまさに「大老舗」と言ってよい数少ない名店だと思った。

あ、一点だけ言うなら、確かにお値段は強気【笑】。が、ここについては「それでいいのだ」と思ってしまう。それだけの物を出しているのだから。

【データなど】
各線荻窪駅/東京都杉並区上荻1-4-6/03-3391-4868/11:00~22:00(日曜日は21:00まで)/定休無し


大きな地図で見る

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

ラーメン:焼肉北京

ラーメン専門店以外でラーメンを出す業種と言うと、まあ中華料理店は言うに及ばずとして、それ以外だと日本蕎麦店が多いかな? 特に調べた訳ではないが、個人的にはそれに次いで焼肉店も結構多い印象がある。やっぱり「肉屋」と言うキーワードが共通するからかなあとつらつら考えたりするが。

らーナビ達人時代にも何度か速報に載せた「ラーメンを出す焼肉店」に、川崎市の人気焼肉店「焼肉北京」がある。ここの特徴は何と言ってもその肉のボリューム。いわゆるA5ランクとか希少部位ではないが、サイズも厚みもたっぷりの柔らかい肉を、適度な値段で腹一杯出してくれると言う店では首都圏屈指と言っていい。誰が言ったか「焼肉界のラーメン二郎」と言う表現も納得の迫力なのだ。

 

pekin_ramen_130713

その「北京」で出て来るラーメンは、見かけはオーソドックスな東京醤油ラーメン風だが、スープは牛。飲むとすぐに牛の風味に気がつくが、牛を強めすぎると出てきやすい強い甘味や牛乳臭さは全くなく、醤油できりっと締まった味わいに牛の旨味が加わり、肉で一杯になった腹にもするするすると収まっていく。

焼肉店なので当然ラーメンだけの注文は不可だが、一度チャレンジする価値は充分。大ボリュームの肉も含めて腹ぺこぺこで挑むのが吉。

【データなど】
JR平間駅/神奈川県川崎市中原区上平間1700-36/044-544-1538/18:00~23:00/木休


大きな地図で見る

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

博多肉そば:博多一風堂クロスガーデン川崎店

12日、「六角家」を食べた後にクルマを転がしてこちらに。6月21日から8月一杯まで提供している夏限定「博多冷やし肉そば(740円)」狙いで訪問で正午前に到着。六角家からの距離で言うなら横浜西口とかの方が近いが、クロスガーデン川崎では駐車場が無料で使えるのが有り難いのだ。注文は当然それで、お店推奨と言う温泉卵をつけて。foodpic3723937

ラーメンが出てくるまでは卓上の辛もやしでしのぐ。これ、辛もやしソースが別売されているほどの人気で、更にお冷やのルイボスティーとの相性も抜群。適度な辛味と油感を、ルイボスティーの風味で切りながら食べるとあっという間に卓上に出ている分の半分くらい食べてしまう(^_^;)。

 ippuudou_kawasakicrossgurden_hakatahiyasinikusoba_02_130712 ippuudou_kawasakicrossgurden_hakatahiyasinikusoba_01_130712
博多冷やし肉そば(740円)+温泉卵(100円)

ちょっと写真が見にくいかな? 麺は平打ちのやや太めで、もしかしたらつけ麺と共通かな。冷たく〆られていてぎゅっとした歯ごたえがある。野菜類はベビーリーフ、レタス、タマネギなどで、ここに甘辛く煮た牛肉がたっぷり。タレも甘辛目で、キムチの刺激が食欲をそそる。

味わい的にはかなり好みなんだが、この甘辛ダレの味わいが個人的にはかなり濃いめ。盛夏で汗ダラダレならこのくらい塩分がある方がいいかもだけど、当日はまだあまり暑くない時間帯でしかもクルマ移動だったのであまり汗はかいていなかった。

「今回は温玉をつけてよかったなあ」と思いつつ卵でなめらかにして、更に卓上の酢で甘味を少し中和したら更に食べ易くなった。連食でなければご飯も足していたかな。これも推奨していたけど確かに合いそう。

提供は、先述のように8月一杯まで。一部を除く各一風堂で出されているようで、限定数については特に言及は無し。提供店情報はこちらの特設サイトにあるのでご参考までに。

あと、この限定でちょっと面白いのがWEBでの広告。いろんなサイトでバナーとして出て来るのを見かけた。TVCMに関しては、限定情報どころかラーメン店自体でも滅多に見る事はないが、一風堂クラスの全国展開しているお店で、二ヶ月以上にわたって提供する夏期商品だと宣伝効果があると見込んだんだろうな。機会があれば、この規模のWEBバナー広告がどの程度効果があったのか訊いてみたいもの。

【データなど】
JR矢向駅(遠い)/神奈川県川崎市幸区小倉1658-35/044-580-6630/11:00~0:00(日祝11:00~23:00)/定休無し/川崎鶴見臨港バス「末吉橋」停留所下車


大きな地図で見る

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

Tag : 2013限定

プロフィール

siukitajima

Author:siukitajima
「超らーめんナビ」で達人を務めさせていただいていた北島です。2013年6月以降、こちらのblogで「速報」を中心としたラーメン情報をメインに掲載していきます。

私の紹介動画です(音声が出るので注意)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
blogカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。